カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 小ぶりなバッグができるまで2(企画編)
Dominion(ドミニオン)の商品開発では、
構想編でアイディアを練ったのちに、具体的な企画に落とし込んでいきます。

Dominionのコンセプトは、
「小柄女子に送る本格レザーバッグブランド」で、

ターゲットが「140cm~150cm前後のおしゃれを愛する小柄な女性」

です。ということは、最初に決定するのは・・・?


そう。「バッグのサイズ」です!!!


これが最初に決める、
そしてDominionが最もこだわる重要な要素です。

第一に、「小柄女子がバッグを持ったり背負ったりした時に、
全身のバランスやファッションに合うちょうど良い大きさであること」
を満たすサイズ感を模索します。

第二に、ただ小さく作ろうとするのではなく、
「何を入れるためのバッグなのか?」もよーーく検討して決定します。

ここで活きてくるのが、構想編で考えたバッグ持つ女性のイメージと
活用する場面のイメージだったりします。

時には、迷走することもあるのですが(笑)、
その時は構想時に考えたコンセプトに立ち戻って、軌道修正します。


なお、Dominionが得意なのは、
マチたっぷりな大容量バッグ…でもなければ、
小さいお財布に限られちゃうミニバッグ…でもなく、

「使い勝手の良い小ぶりなバッグ」なんですね〜♪

あのアイテムがはみ出さず、あのアイテムを出し入れするのに
ちょうどよい高さ・・

あれとあれとあれを入れるけど、バッグの中で迷子にならない幅・・

そして、何より小柄女子が持った時に、
不自然に大き過ぎないバッグのマチの長さ・・

頭から湯気が出そうなぐらい考えた後は、
仮の素材を使って、試作品(モック)も作り、
バッグのサイズを慎重に決定します。

ちょうど良いバランスのサイズが決まった時は、
やっぱりワクワクしちゃいます♪

企画編はここまで。次は材料編です。
おたのしみに!

店長より